『詐欺メール』「あなたの情報を確認してください」と来た件

迷惑メール

マヌケすぎて笑えて仕方ないメール。

タイトルからして…

新型コロナウイルスで自粛自粛週末。
皆さんはじっと我慢で大人しくされていたでしょうか?
そんな我慢の週末が明けてワサワサしているデスクに届いたこんなメールに
思わず笑っちゃいました。

これ、ブラックメールですよ~♪
何もせずに捨ててください!!

差出人:「amazon.co.jp <info@update.jp>」
だから、アマゾンがこんなアドレスでメール出しませんって!
それにこのメールアドレスも偽装ですね。
ヘッダーのMessage IDを見ると「server.piradius.online」が差出人の本物のドメインのようです。

件名:「[spam] あなたの情報を確認してください」
これは”spam”スタンプされてなくとも分かりますよ(笑)

ったく、GW目前こんなアホなメール送りやがって!


親愛なる顧客

「顧客サポート」ってそれらしく書いてあるけどアマゾンならカタカナにすると思うな=
「カスタマーサポート」って(笑)

そして本文の書き出しも「こんにちは親愛なる顧客」
笑わせるねぇ~、これ絶対機械翻訳じゃん(笑)
本当にアマゾンなら、「〇□△様」ってどこかにアカウント名を書くと思うけど。

「アカウントに問題がある場合は」って問題があるかないか書いてくれないと誰も見ないでしょ?
そして極めつけは「正式かつ永久に無効」…お腹痛い( ;∀;)

しかし、よくこんな短いメールで笑わすことができますねってくらいに滑稽ですね~


行きたくないけど冒険旅行

義務ですから行きたくないけど冒険旅行に出かけてみます。
絶対にマネしないでくださいね!

はい出ました、お決まりのヤツ!!


因みに接続されるドメインは”japan-am-zoo-n.com”
見ようによっちゃ”amazon.com”に見えないでも…見えないか(笑)

 

でたらめなIDとパスワードでログインしてみると。

いきなりカード情報ですか、そりゃダメだ(笑)

 

へぇ~、ソフトバンクのカードなんや。( ´,_ゝ`)プッ
で、更にでたらめなカード番号などを入力してみると…

でもってここでも適当なパスワードを入力すると、ここでお役御免とばかりに
本物のアマゾンのトップページに飛ばされました(笑)


これがサイバー詐欺の一連の手口です。
これで、アマゾンのアカウント情報とクレジットカードの情報が盗み取られたわけです。
盗み取ったアマゾンのアカウント情報とカード情報はなりすましで使われて被害に遭うという流れ。

まあ、誰もこんなメールに騙されやしないと思いますが、一応こんなメールもあると言うご報告でした。


迷惑メール相談センターへ通報します

では最後に、受信者の責任として受け取った「迷惑メール」を通報。
迷惑メール相談センター情報提供ページ」にある
メールアドレス(meiwaku@dekyo.or.jp)宛に「ヘッダーをすべて表示させた」状態で転送します。
はい、お疲れ様でした (^^♪


こういった詐欺まがいのブラッキーなメールは、本文中のリンクをクリックしないことが大切!
そしてOS不随のセキュリティーは充てにせず、必ず自身でセキュリティーソフトを導入し
防御することが大切です。
丸腰の方、躊躇しないで「ポチっ」としてご安全に!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました