『詐欺メール』「Amazon Services JapanFWDアカウントの問題」と来た件

迷惑メール

宛名が無いのは詐欺の証拠!

新たな刺客か!

コロナ騒動の最中、相変わらず「ブラックメール」は後を絶ちません(´-ω-`)
週明けの今朝もこのザマ…

メール受信ボックスには5つの「ブラックメール」
内、2つはLINE絡みで1通は楽天を騙るもの。
1つがAmazonを騙っててもう一つは良く分からんヤツ。

今回スポットを当てるのは「Amazon」を騙った新種の「詐欺メール」です。


宛名はやメールアドレスは詐欺メールの偽物判定基準

まぁとにもかくにも上の画像を見てください。

本文の中に送信先のアカウントを特定する名前やアカウントがありません。
普通、アマゾンなどのショッピングサイトから送られてくるメールには必ず文頭に
宛先として「氏名 様」や「アカウント名 様」と書かれていますが、詐欺メールや迷惑メールには
これらの宛先が書かれておらず、たいていの場合「お客 様」とか「メールアドレス 様」
などとなっています。
そりゃそうですよね、犯人は知るはずもない不特定多数に送っているから当たり前です。
ですから、こういった不審なメールはまず「本文の宛名」を確認してみて下さい!

そして、もうひとつの判断は差出人のメールアドレス。
今回の差出人名とメールアドレスは「Amazon Services Japan <service01@rr1.musicpartys.com>」
Amazonには何の関連性の無い”@rr1.musicpartys.com”なんてメールアドレス。

日本のアマゾンから送られてくるEメール差出人アドレスのドメイン(@より後ろ)は以下の通り。
これはアマゾンが偽物判断用に公表している情報です。

この「差出人」のメールアドレスも「ブラックメール」判定の一つの手段。
ただ、差出人名と差出人のメールアドレスはとても簡単に偽装できてしまうので
鵜呑みにするのは禁物です!


中華フォントが気になる

件名:「[spam] Amazon Services JapanFWDアカウントの問題 – ケースID : FAMEN 26XFZ」

ここに書かれている[spam]はいつもご紹介しているように、「スパムスタンプ」と言って
メールサーバーが悪意のあるメールと判断した証拠!
メールサーバーには「スパムフィルター」と呼ばれる機能があり、全ての通過メールを
事務的に検査行っています。
ここを通過する際に事前に収集された様々な情報により判断されます。
ですから、この「スパムスタンプ」は最大の「ブラックメール」の判断材料になります。

この件名にある「JapanFWDアカウントの問題 」に出てる”FWD”って何?
一般にメールで言う”FWD”とは「転送」と言う意味。
じゃこのメール、誰から来たメールを転送したの?
普通なら転送元の所在も分かるはずなのにこのメールじゃ分かりませんよね?
たぶん単純に受信者を惑わせるためのものじゃないかと思われます。

あと、”ケースID : FAMEN 26XFZ”これはこの案件のIDだと思われますが
これも同様に受信者を信じ込ませるためのかと…

この部分のフォント、違和感を覚えるのは私だけじゃないはず!
何となく中華フォントっぽいのですが…

…実に怪しい。

 


で、要件はなに?

このメールの本文がこちら。

私達を選んで頂き有難うございます

ショッピングを続けるには、最初に詳細を確認する必要があります

この問題が解決するまで、何も注文しないでください。 下のボタンをクリックして詳細を確認してください

「私達を選んで頂き有難うございます」って、なんか楽天市場やYahooショッピングで注文した際に
送られて来る確認メールの文頭みたいですね(笑)

でも、この本文って支離滅裂で何が言いたいのか要件が良く分かりません。
何か問題があってショッピングが続けられなくなったと書いてありますが…
「この問題が解決するまで、何も注文しないでください。」って問題が解決してなくても
注文ができるって事?なんでしょうか?

あっ、下の方まで読んでいくととても小さな字で…

なんだ、カード会社でカードの確認が取れなかったって事ね(笑)
まぁどーでも良いけど、こんな小さな字で書かず最初にドカンと書けよ最初に…(;^ω^)


イザっ!冒険旅行へ

さて、いつものように冒険旅行へ出かけますよ。
でも、絶対にマネしないでください! 痛い目に遭っても責任取れませんので!!

はいっ、ウイルスバスターに止められました。

って事はサイトはまだ「ご健在」って事ね!(笑)

無理やりこじ開けてみると…

な~んだ、いつものヤツ?

適当に入力して先へ進むと…

されに進むと

やっぱりいつものヤツじゃん!
行って損した(笑)

因みにここの”電話番号”欄にデフォルトで書かれてる「090-4933-2021」って番号。
Amazonのサイバー詐欺に良く描かれてる偽の番号で実際には使われてないそうです。

”カード上の名前”欄にデフォルトで書かれてる「KIITARO KONUMA」に関しては
調べてみたんですが何も分かりませんでした(笑)

あと、”カード番号”欄に書かれてる”楽天カード利用不可”っての。
本当のアマゾンでもこんなこと書いてるんでしょうかね(笑)

まあそんな事どーでもいいや、こんなメールさっさと通報してゴミ箱行きです!


迷惑メール相談センターへ通報します

では最後に、受信者の責任として受け取った「迷惑メール」を通報。
迷惑メール相談センター情報提供ページ」にある
メールアドレス(meiwaku@dekyo.or.jp)宛に「ヘッダーをすべて表示させた」状態で転送します。
はい、お疲れ様でした (^^♪


こういった詐欺まがいのブラッキーなメールは、本文中のリンクをクリックしないことが大切!
そしてOS不随のセキュリティーは充てにせず、必ず自身でセキュリティーソフトを導入し
防御することが大切です。
丸腰の方、躊躇しないで「ポチっ」としてご安全に!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました