『詐欺メール』「【重要】アカウントのロックを解除、情報を更新してください。」と、来た件

迷惑メール

日本語が苦手な差出人
※ご注意ください!
当エントリーは迷惑メールの注意喚起を目的とし、悪意を持ったメールを発見次第
できる限り迅速にをもっとうにご紹介しています。

このようなメールを受け取っても絶対に本文中のリンクをクリックしてはいけません!
リンク先は正規サイトを模した偽のコピーサイトで、フォームにアカウント情報や
クレジットカードの入力させそれらの情報を詐取しようとします。
被害に遭わないために絶対にリンクはクリックせず、どうしても気になる場合は
ブックマークしてあるリンクを使うかスマホアプリを
お使いになってログインするよう
心掛けてください!

本文は他の詐欺メールを流用

久しぶりに楽天の詐欺メールをご紹介するような気がします。
アマゾンが多すぎるからでしょうか?(笑)
最近楽天に限らず、件名に「メール番号」って連番の付いたものが多くなりました。
これは単にこのメールに信憑性を持たせるために付けられたものと思われます。

全く同じような内容のメールをアマゾンやメルカリでも見た記憶がありますのでこの差出人は
あちらこちらで流用していますね。

では、いつものようにプロパティーから見ていきましょう。

件名は
「[spam] 【重要】アカウントのロックを解除、情報を更新してください。」
アカウントがロックされているようですね。
情報を更新してそれを解除しろと言う件名ですね。
でもこのメールには”[spam]”とスタンプが付けられているので迷惑メールの類。
このスタンプはスパムスタンプと呼ばれるサーバーからの注意喚起で、これが付いている
ものは全て迷惑メールと判断されたもの。
うちのサーバーの場合注意喚起だけですが、例えばGoogleのGmailサーバーの場合だと
否応なしに「迷惑メール」フォルダーに勝手に保存されるような仕組みもあります。

差出人は
「”Rakuten” <fqi@service.menpangwang.cn>」
毎度の事ですが、楽天には”rakuten.co.jp”と言う立派なドメインをがあります。
なのに全く関連性の無いこのような中国のトップレベルドメインを使ったメールアドレスを
ユーザーに送るでしょうか?
送りませんよね~(笑)


アムステルダムからのメール?!

では、このメールのヘッダーソースを確認し調査してみます。
ソースから抜き出した「フィールド御三家」がこちらです。

Return-Path: 「<fqi@service.menpangwang.cn>」

Return-Path”は、このメールが何らかの障害で不達に終わった際に返信される
メールアドレスです。
一般的には、差出人と同じメールアドレスが記載されますが、ここは誰でも簡単に
偽装可能なフィールドなのであてにできません。

Message-ID:「<20220301081646173720@service.menpangwang.cn>」

Message-ID”は、そのメールに与えられた固有の識別因子。
このIDは世の中に1つしかありません。
”@”以降は、メールアドレスと同じドメインか若しくはデバイス名が入ります。
ここも偽装可能で鵜呑みにはできません。

Received:「from service.menpangwang.cn (service.menpangwang.cn [5.180.79.187])」

Received”は、このメールが通過してきた各受送信サーバーが自身で刻む
自局のホスト情報です。
ここに掲げた”Received”はこのメールが最初に通過したサーバーのもの。
すなわち、差出人が使った送信サーバーの自局情報。
記載されている末尾の数字は、そのサーバーのIPアドレスになります。

では、この”Received”にあったIPアドレスを使ってそのサーバーの情報を拾ってみます。

持ち主は、日本ではあまり見られない漢字3文字の方で、登録にはGmailのメールアドレスが
使われています。

では次に、このIPアドレスを元にその割り当て地を確認してみました。
表示されたのは、オランダの首都アムステルダム付近の地図です。
あのメールが発信されたメールサーバーは、この付近に設置されているようです。


私が楽天で違法取引を?!(笑)

さて、次は本文です。

大見出しに「違法取引の取り扱いに関する通知」とあるので、どうやら私、違法取引に
関わったようです…(笑)
前にも何かのエントリーで同じこと書きましたが、一語一句あの時と同じなので突っ込み
どころも全く同じ(笑)

つたない日本語を使って押させたいのは「確認関連情報」と書かれた赤いリンクボタン。
そのリンク先のURLはこちらです。

でも、単純にこのURLにつながるわけじゃなく、もうひとひねりあって、リダイレクトされ
全く違うこのURLのサイトに接続されます。

このサイトの危険性について調べてみましたが、セキュリティー界では現在のところまだ
危険なサイトとしては周知されていないようです。

このURLで使われているドメインは、サブドメインを含め”my.rakuteu.jp.singin2.xrilrjiz.cn
再び中国のトップレベルドメインですね。(;^_^A
このドメインについても調べてみます。

やはり持ち主は、漢字の氏名ですが日本人ではなさそうです。
このドメインを割当てているIPアドレスは”204.44.95.91”なので、このIPアドレスを元にその
割り当て地を確認してみます。

ま、よくあるパターンですね。
持ち主が中国の方でサイトはロサンゼルス付近ってのは。

ここでどんなサイトを開いているかと言うと、当然このような楽天の偽のログインページ。

もちろん、冗談でもログインしてはいけませんよ!


まとめ

同じ本文を使い、騙る相手をころころと変え七変化のようにこういった詐欺メールをいくつも
送り付けてきます。
楽天が中国のドメインを使ってメールを送り付けてくることなんて絶対にありませんので
そこに注目してみてください。

いつものことながら、誤字・脱字・意味不明がありましたらお許しください(^-^;


こういった詐欺まがいのブラッキーなメールは、本文中のリンクをクリックしないことが大切!
そしてOS付随のセキュリティーは充てにせず、必ず自身でセキュリティーソフトを導入し
防御することが大切です。
丸腰の方、躊躇しないで「ポチっ」としてご安全に!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました