『詐欺メール』「【緊急】横浜銀行が不正利用を検知」と、来た件

迷惑メール

『はまぎん』が狙われています
※ご注意ください!
このブログエントリーは、フィッシング詐欺メールの注意喚起拡散を目的とし
悪意を持ったメールを発見次第できる限り迅速にをもっとうにご紹介しています。

このようなメールを受け取っても絶対に本文中のリンクをクリックしてはいけません!
リンク先は正規サイトを模した偽のコピーサイトで、フォームにアカウント情報や
クレジットカードの入力させそれらの情報を詐取しようとします。
被害に遭わないために絶対にリンクはクリックせず、どうしても気になる場合は
ブックマークしてあるリンクを使うかスマホアプリを
お使いになってログインするよう
心掛けてください!
また、気が付かずにログインしてしまった場合は、まず落ち着いてできる限り早く
パスワードの変更やクレジットカードの利用停止を行ってください。

★フィッシング詐欺解体新書★

日本語くらいちゃんとせい!

『はまぎん』こと横浜銀行の名を騙る詐欺メールがまた1通、私のところに到着。

仰々しく【緊急】なんて見出しの付いた件名ですが、日本語に少々難あり。(笑)
『お客様の横浜銀行は取引サービスが利用停止しました』なんて…
確かにお客様あっての横浜銀行でしょうけど、これは口座のことですよね?
それに『被害拡大を防止のめ』って、ただの書き間違いですよね?
そして最後は『ご本人に確認して』って、私が本人ではないのでしょうか?(^^;)
もうめちゃくちゃですね。。。

それにしても最近横浜銀行を騙ったフィッシング詐欺メールが多発していますが、当の横浜銀行さんは
どこ吹く風のようで、サイトを確認してみましたが注意喚起さえもされていませんでした。
これもまた問題なのではないのでしょうか?

では、このメールを解体し詳しく見ていきましょう!
まずはプロパティーから見ていきましょう。

件名は「[spam] 【緊急】横浜銀行が不正利用を検知」
ご承知の通り件名欄は、差出人が書き込むものですからいくらでも適当に記入できます。
この件名には”[spam]”とスタンプが付けられているので迷惑メールの類です。
このスタンプはスパムスタンプと呼ばれるサーバーからの注意喚起で、これが付いている
ものは全て迷惑メールと判断されたもの。
うちのサーバーの場合注意喚起だけですが、例えばGoogleのGmailサーバーの場合だと
否応なしに「迷惑メール」フォルダーに勝手に保存されるような仕組みもあります。

差出人は
「”横浜銀行” <info@boy.co.jp>」
皆さんはご存じでしょうか?
この差出人欄は完全に自己申告制で、誰でもウソが書けるフィールド。
ですから、ここは信用できない部分です。

毎度のことですが”boy.co.jp“は横浜銀行さんの公式ドメインです。
でもこのメールはスパムスタンプが示す通り悪意の有るもので、到底信用なんてできません。
それにしてもこのドメイン、横浜銀行さんを連想するものは全くありませんね。


偽装を暴く

では、このメールがフィッシング詐欺メールであることを立証していきましょうか!
まず、このメールのヘッダーソースにある”Received”を確認し調査してみます。
私が愛用のThunderbirdの場合、「表示(V)」⇒「メッセージのソース(O)」と進むと見られますよ。

Received:「from omfgmmhlq (unknown [112.51.62.46])」

先に書いた通り”Received”に記載のIPアドレスは差出人が利用したメールサーバーのもの。
このIPアドレスが差出人のメールアドレスのドメインに割当てられているものと一致すれば
メールアドレスの偽装は無かったことが証明されますが、そうでない場合、特定電子メール法
違反となり処罰の対象とされます。

※特定電子メール法違反
・個人の場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金
・法人の場合、行為者を罰する

では、メールアドレスにあったドメイン”boy.co.jp”が差出人本人のものなのかどうかを
調べてみます。

これがドメインの登録情報です。。

これによると”23.42.70.251”がこのドメインを割当てているIPアドレス。
本来このIPは”Received”のIP”112.51.62.46”と同じ数字の羅列になるはずですが、それが全く異なるので
このメールアドレスのドメインは”boy.co.jp”ではありません。
これでアドレスの偽装は確定です!

Received”は、このメールが通過してきた各受送信サーバーが自身で刻む
自局のホスト情報です。
記載されている末尾の数字は、そのサーバーのIPアドレスになり、これを紐解けば差出人の素性が
見えてきます。
このIPアドレスを元に危険性や送信に使われた回線情報とその割り当て地を確認してみます。

送信に利用されたのは、中国の大手携帯電話会社「China Mobile(中国移動通信)」と言うプロバイダー。

位置情報は、IPアドレスを元にしているので、かなりアバウトな位置であることを
ご承知いただいた上でご覧ください。

代表地点としてピンが立てられたのは、「中国 広東省 深セン」付近。
相変わらず中国絡みですね…(-_-;)
このメールは、この付近に設置されたメールサーバーを介して私に届けられたようです。


リンク先は一時的に閲覧不可

では引き続き本文。

【緊急】横浜銀行が不正利用を検知
いつも横浜銀行をご利用いただきありがとうございます。
横浜銀行が不正利用を検知・判断したので、お客様の横浜銀行は取引サービスが利用停止しました。

不正利用による被害拡大を防止のだめ、ご本人に確認して、取引サービスの限制を解除してください。

お手続き内容のご確認のため、以下のボタンをクリックしていただきますようお願いいたします。

認証を開始する

※このリンクはお客様ご本人様専用のものです。24時間を経過すると無効となりますので、ご注意ください。

このメールは詐欺メールですから詐欺サイトへのリンクが付けられています。
そのリンクは「認証を開始する」って書かれたところに付けられていて、
そのリンク先はGoogleの「透明性レポート」のサイトステータスはこのようにレポートされていました。

既にしっかりブラックリストに登録済みですね。
リンクへ移動してもサイトはブロックされるでしょう。

このURLで使われているドメインは、サブドメインを含め”fngovmebjerco6.icu
このドメインを割当てているIPアドレスを取得してみます。

このドメインを割当てているIPアドレスは”45.15.161.107
このIPアドレスを元にサイト運営に利用されているホスティングサービスとその割り当て地を確認してみます。

利用されているウェブサーバーは、アメリカダラスにある『DediPath LLC』と言うホスティングサービス。

こちらもIPアドレスを元にしているので、アバウトな位置であることをご承知いただいた上で
ご覧ください。
地図上にピンが立てられたのは、アメリカフロリダ州『Sebring(セブリング)』
この辺りに設置されたウェブサーバーに、リンク先の詐欺サイトは構築されているようです。

危険だと聞かされると余計に見に行きたくなるのが人間のサガ…(;^_^A
それを承知で、しっかりとセキュリティーの整った環境下で見に行ってみました。
が、残念ながら表示されたのは”Connection timed out”と書かれたエラーページでした。

危険を感じて自主的に閉鎖したのか、それともホスティングサービス側が意図的に遮断したのか
わかりませんが、今のところは気危険性はなさそうです。
でも、ご覧いただいた通り、ドメインはまだ生きていますから、いつ何時復活するか分かりませんから
注意するには越した事なさそうです。


まとめ

当の横浜銀行さんもこのように悪意のあるメールが配信されていることは周知されしているものと
思われますから、ウェブサイト等で早めに注意喚起等を行った方が良いと思います。

恐ろしいことに、今、こうしている間にも大量のフィッシング詐欺メールが発信されたくさんの
フィッシング詐欺サイトが作られ消滅していきます。
次から次に新種のメールが届くので常に意識して被害に遭わないようご注意ください。

いつものことながら、誤字・脱字・意味不明がありましたらお許しください(^-^;


こういった詐欺まがいのブラッキーなメールは、本文中のリンクをクリックしないことが大切!
そしてOS付随のセキュリティーは充てにせず、必ず自身でセキュリティーソフトを導入し
防御することが大切です。
丸腰の方、躊躇しないで「ポチっ」としてご安全に!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました