『よもやま話』熱いうちに”COCOA”を入れてみた件

巷の話題

そっちのココアじゃありませんよ!

猛烈に感染拡大中に付き!

こういう”よもやま話”って、旬が過ぎたら熱が下がるんであまり書かないんだけど(笑)
どういうわけなのか当地名古屋の感染者があまりにも多いんで、熱いうちに
”新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)”を入れてみることにしてみた。

初物が好きな自分ですが、こういうアプリは最初に何かと問題があろうかと思って控えて
たんですが、それ正解!
案の定不具合た体制で問題が出て出鼻をくじかれましたね(笑)
でも、ダウンロード数が8月3日17時点で1,099万件となった(iOS/Androidの合計)らしいので
そろそろ♪

インストールはとっても簡単。
まぁ、サルでもできるって!

…って言ってる矢先に、うちの奥さん、”できない”ってLINE来た…マジか(笑)

原因は、iPhoneなのにわざわざSafariでGooglePlayに行って”COCOA”入れようとしてるし(^^;
もう勘弁してくれ~。・゚・(ノД`)・゚・。

世の中にはこんな人もいるんで、しっかりここに書いとくんで
分からない人はここのリンクでおねがいします。
Andoroid端末の場合はGoogle Playから

iOSの場合はApp Storeから


(QRコードは厚生労働省のサイトから拝借しました)
旬が過ぎると各リンクが使えなくなる場合もありますのでご注意を(笑)

悪人がおかしな偽メールとか送ってくるんで、メールに付いてるURLやリンクは
絶対に使わないように!
くれぐれも必ずご自身でストアからアプリをダウンロードしてください!!


1メートル以内、15分以上の接触した可能性

”COCOA”はBluetoothを使って本人に分からない方法で互いの情報を交換するようです。
でも、電話番号や位置情報など個人が特定される情報は記録しないそうなので安心♪

新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知されるとの事ですが
じゃ実際にどのくらいの距離でどれだけの時間接触していると通知されるのでしょうか?
1分1秒でも通知されるんでしょうか? 10m離れてても通知されるんでしょうか?
ソーシャルディスタンスが叫ばれる中、この点が凄く気になります。
厚生労働省のサイトによりますとその判断はこう書かれています。

「1メートル以内、15分以上の接触した可能性」

接触した可能性が通知された後、アプリの中から症状等に応じて検査の受診などを案内し
保健所のサポートを受けることができるそうです。

但し、注意したいことがあります。
よく、バッテリーを心配してBluetoothをOFFにされる方がいらっしゃいますが、
COCOAはBluetoothを利用して個々の情報交換を行うので。COCOAを利用中は
Bluetoothは絶対に切らないでください。

さぁあなたもイザという時のために冷めないうちにどうぞ!