Windows10の更新をアンインストールした件

Ver1809は最悪の更新

先日「SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONでブルーバックした件」を書きましたが
今回はその続報です。あの後、一旦良くなったかと思われた症状でしたが、実はまた復活し
SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONでのブルーバックは続行中でした(´-ω-`)

わたくし、休日デスクに居ない時もPC内をリモートで参照できるよう
マシンをリフレッシュして帰るのが週末の常。
先週末も当たり前のように再帰動し帰り支度をしていると…

出ました。
『青色のヤツぅ~♪』

自動的に再起動されても
『青色のヤツぅ~♪』

再び再起動されても
『青色のヤツぅ~♪』

も一度再起動されても
『青色のヤツぅ~♪』

『青色のヤツぅ~♪』で帰れない…(´-ω-`)

もう世間では既に忘れられていますが今日は『プレミアムフライデー』
折角なので何事も無く帰りたい…

で、エイヤ~!
っと「電源ボタン長押しの刑」で強制シャットダウンして(*’ェ’*)ノ))さようなら

週末遊びに遊んだ翌日月曜の朝、不安に駆られながらポチっ |ω・`)



やりました~正常起動♪

でも、回復したわけじゃないのは承知の通りです。

で、仕方ないのですが月曜朝一からセーフモードによる更新のアンインストールと言う荒業を実行。

では、その一部始終をどうぞ( 。・_・。)っ


1.強制的に再起動を繰返す

まずは強制的に再起動を繰返しセーフモードを発生させます。
Windows実行中に電源ボタン長押しで再起動。

再起動中に画面中央で輪っかがクルクル回りだしたら
再度電源長押し再起動。

再び同様にクルクル中に電源長押し再起動。

すると、「自動修復」画面が表示され勝手にセーフモード起動します。

2.セーフモードで修復作業

自動修復画面で”詳細オプション”を選択し”オプション”画面を表示させ
画面の”トラブルシューティング”を選択

トラブルシューティングでは”詳細オプション”を選択

詳細オプションでは”更新プログラムのアンインストール”を選択

で表示される”最新の品質プログラム”と
”最新の機能更新プログラム”ですが、わたくしはどちらも実行してみましたが
”最新の機能更新プログラム”ででエラーを吐かれて失敗に終わりました(;^_^A

しかしながら、アンインストール後再起動してみましたが正常起動したので”良し”
としておきましょう~♪


これで更新のアンインストールは終了(^^♪
SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONでのブルーバック対策は
そのうちマイクロさんで対応されるでしょうから放っておきましょう♬

しかし、更新してないということは当然それなりのリスクを背負うと言う事!
勿論実行される方は悪まで自己責任でお願いしやす~


 

PCカテゴリの最新記事