『詐欺メール』「DMM:会員認証メール」と、来た件

迷惑メール

日本語に難あり
※ご注意ください!
このブログエントリーは、フィッシング詐欺メールの注意喚起拡散を目的とし
悪意を持ったメールを発見次第できる限り迅速にをもっとうにご紹介しています。

このようなメールを受け取っても絶対に本文中のリンクをクリックしてはいけません!
リンク先は正規サイトを模した偽のコピーサイトで、フォームにアカウント情報や
クレジットカードの入力させそれらの情報を詐取しようとします。
被害に遭わないために絶対にリンクはクリックせず、どうしても気になる場合は
ブックマークしてあるリンクを使うかスマホアプリを
お使いになってログインするよう
心掛けてください!
また、気が付かずにログインしてしまった場合は、まず落ち着いてできる限り早く
パスワードの変更やクレジットカードの利用停止を行ってください。

なぜに差出人が「apple」なの?

久しぶりに制限の無い大型連休も始まり、皆さんそれぞれの休暇をお楽しみなことと思いますが
いかがでしょうか?
私と言えば、相変わらず朝からこのように注意喚起メールをゴソゴソと書いておる次第です。

さて、今回のフィッシング詐欺メールは、総合エンタメサイト企業「DMM」を騙ったもの。

書かれているのは、例によって第三者不正利用を称しリンクへ誘い込み個人情報やクレジットカードの
情報を盗み取ろうとするものです。

では、このメールもプロパティーから見ていきましょう。

件名は
「[spam] DMM:会員認証メール」
この件名には”[spam]”とスタンプが付けられているので迷惑メールの類です。
このスタンプはスパムスタンプと呼ばれるサーバーからの注意喚起で、これが付いている
ものは全て迷惑メールと判断されたもの。
うちのサーバーの場合注意喚起だけですが、例えばGoogleのGmailサーバーの場合だと
否応なしに「迷惑メール」フォルダーに勝手に保存されるような仕組みもあります。

差出人は
「apple <dmm-contact@vhcnpki.cn>」

なぜに差出人が「apple」なの?「DMM」じゃなかったの?
どうやら「apple」の成りすましのしているようですね…(笑)
それに「DMM」さんには、CMでもご存じの通りれっきとした”dmm.com”ってドメインをお持ちです。
それなのにこのような”vhcnpki.cn”なんて中国のトップレベルドメインを使った
メールアドレスで大切なユーザーにメールを送るなんて絶対にあり得ません!


差出人はご常連さん?!

では、このメールのヘッダーソースを確認し調査してみます。
ソースから抜き出した「フィールド御三家」がこちらです。

Return-Path: 「<dmm-contact@vhcnpki.cn>」

Return-Path”は、このメールが何らかの障害で不達に終わった際に返信される
メールアドレスです。
一般的には、差出人と同じメールアドレスが記載されますが、ここは誰でも簡単に
偽装可能なフィールドなのであてにできません。

Message-ID:「<20220430052239011204@vhcnpki.cn>」

Message-ID”は、そのメールに与えられた固有の識別因子。
このIDは世の中に1つしかありません。
”@”以降は、メールアドレスと同じドメインか若しくはデバイス名が入ります。
ここも偽装可能で鵜呑みにはできません。

Received:「from vhcnpki.cn (unknown [137.220.235.251])」

Received”は、このメールが通過してきた各受送信サーバーが自身で刻む
自局のホスト情報です。
ここに掲げた”Received”はこのメールが最初に通過したサーバーのもの。
すなわち、差出人が使った送信サーバーの自局情報。
記載されている末尾の数字は、そのサーバーのIPアドレスになります。

まずは、”vhcnpki.cn”について情報を取得してみます。

137.220.235.251”がこのドメインを割当てているIPアドレス。
Received”のIPアドレス”137.220.235.251”と同じですからアドレスの偽装はありません。
このIPアドレスは差出人が利用しているメールサーバーのもの。
このIPアドレスを元にその割り当て地を確認してみます。

ピンが立てられたのは、「千代田区九段南1丁目」付近です。
このメールは、この付近に設置されたメールサーバーを介して私に届けられたようです。


「この接続ではプライバシーが保護されません」と返された

では引き続き本文。
所々おかしな部分がありますよね。

「別の場所にログイン」って、意味がおかしいですよね?
「別の場所からログイン」なら分かるんですけど…(;^_^A
句読点の使い方が2か所間違っていますし、「資料を設定」も日本語としてはおかしな表現だし。
究極なのは「このアドレスはおみから24時間有効です。」って箇所の「おみから」とは
どんな意味なのでしょうか?
DMMがこれほど大胆に間違った文章のメールを送るのはいかにもおかしいと思いませんか?(笑)

このメールは、フィッシング詐欺メールなので詐欺サイトへのリンクが付けられています。
そのリンクは「■会員認証アドレス」って書かれたところに張られていて、リンク先の
URLがこちらです。

このサイトの危険性をトレンドマイクロの「サイトセーフティーセンター」で確認してみます。

おっと!メールが新鮮すぎたのかまだ「未評価」のようです。
このようなフィッシング詐欺サイトがこの評価ではあまりにも危険すぎます。
評価を変更していただけるよう早速申請しておきます。

このURLで使われているドメインは、サブドメインを含め”www.dmm.com.jm620.cn
このURLのドメインは”dmm.com”ではなく末尾の”jm620.cn”ですからお間違いないように!
このドメインにまつわる情報を取得してみます。

持ち主は、メールアドレスのドメインを調べた時と同じ方。
但し割当てているIPアドレスは異なるのでメールサーバーとは別のサーバーのようです。

このドメインを割当てているIPアドレスは”104.129.12.16
このIPアドレスを元にその割り当て地を確認してみます。

ピンが立てられのは、詐欺サイトの密集地帯のロサンゼルス近郊のリトルトーキョーに程近い場所。
この辺りに設置されたウェブサーバーに、リンク先の詐欺サイトは構築されているようです。

リンク先はどのようなものか、安全な方法でリンク先の詐欺サイトに調査目的で訪れてみました。

Chromeからは「この接続ではプライバシーが保護されません」と返されました。
「NET::ERR_CERT_COMMON_NAME_INVALID」と書かれていますので、SSLの証明書に問題が
有るようですね。

プライバシーが保護されていないのを承知で先に進むと、このようなDMMへのログイン画面が
表示されました。

こちらが本物のDMMのログイン画面ですから若干異なるようです。

もちろん詐欺サイトですから絶対にログインしないでくださいよ!


まとめ

ドメインの持ち主からすると今回の詐欺師は複数の詐欺を行っている常習犯。
昨日のNHK+といい今朝のDMMといい、奴らはどんどんと触手を伸ばしているようです。
少しでもおかしいと思ったら、まずはメールアドレスを確かめ、本物かどうか判断してください。
メールアドレスが偽装されている可能性もありますので採取的にはリンク先のURLにある
ドメインもご確認ください。
それでも判断に迷ったなら、リンクからではなくスマホアプリや検索で出てきた本物の
サイトでログインするようにしてください!

いつものことながら、誤字・脱字・意味不明がありましたらお許しください(^-^;


こういった詐欺まがいのブラッキーなメールは、本文中のリンクをクリックしないことが大切!
そしてOS付随のセキュリティーは充てにせず、必ず自身でセキュリティーソフトを導入し
防御することが大切です。
丸腰の方、躊躇しないで「ポチっ」としてご安全に!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました