『詐欺メール』三井住友カードから「ポイント交換受付のお知らせ」と、来た件

迷惑メール

ざっくり、これはフィッシング詐欺メールです。
※ご注意ください!
当エントリーは迷惑メールの注意喚起を目的とし、悪意を持ったメールをご紹介しています。
このようなメールを受け取っても絶対に本文中のリンクをクリックしてはいけません!
リンク先は正規サイトを模した完全コピーした偽サイトで、フォームにアカウント情報を
入力させアカウント情報を詐取します。
ですから被害に遭わないために絶対にリンクはクリックせず、どうしても気になる場合は
ブックマークしてあるリンクを使うかスマホアプリを
お使いになってログインするよう
心掛けてください!
 

いつもの奴からなので簡単に

今回も例の「さくらインターネット」ユーザーからのフィッシング詐欺メールです。

「三井住友カード」持っていないのでよくわかりませんが、申し込むとnanacoポイントが
もらえるんですね。

もう、こうもこいつらのメールが多いと調べる気にもなりません。
とにかく数稼ぎではなく、皆さんにこのメールが詐欺メールであることをお伝えできればと
いう一心でエントリー書いています。

件名は
「[spam] ポイント交換受付のお知らせ」
うちのメールサーバーがこのメールを詐欺メールと見破ったんで頭に”[spam]”付けています。

差出人は
「”三井住友カード” <xzvgtzb@vpass.ne.jp>」
“vpass.ne.jp”はVpassの正規ドメインですが、@より前のアカウント名が意味不明。
皆さんはあまり気にしないかもしれませんが、企業さんならアカウント名もそれなりに
考えて付けてきますので、ちゃんと読み取れるアカウントを付けます。


さらっと調査

ではこのメールをヘッダーソースからさらっと調査してみます。
ソースから抜き出した「フィールド御三家」がこちらです。

Return-Path: 「<xzvgtzb@vpass.ne.jp>」

Return-Path”は、このメールが何らかの障害で不達に終わった際に返信される
メールアドレスです。
一般的には、差出人と同じメールアドレスが記載されますが、ここは誰でも簡単に
偽装可能なフィールドなのであてにできません。

Message-ID:「<0C9EEAFF98F5FAA7AB0C822227457B02@vpass.ne.jp>」

Message-ID”は、そのメールに与えられた固有の識別因子。
このIDは世の中に1つしかありません。
”@”以降は、メールアドレスと同じドメインか若しくはデバイス名が入ります。
ここも偽装可能で鵜呑みにはできません。

Received:「from vpass.ne.jp (unknown [163.43.142.82])」

Received”は、このメールが通過してきた各受送信サーバーが自身で刻む
自局のホスト情報です。
ここに掲げた”Received”はこのメールが最初に通過したサーバーのもの。
すなわち、差出人が使った送信サーバーの自局情報。
記載されている末尾の数字は、そのサーバーのIPアドレスになります。

では、このIPアドレスを使ってそのサーバーの位置情報を拾ってみましょう!

はい、もういいです。


まとめ

メール本文のリンク先は、三井住友カードのVpassユーザーのログインページを模した
フィッシング詐欺サイトです。
そしてそのサイトを運営している場所は、「韓国・京畿道・安養市」付近にある
フィッシング詐欺サイトマンション。
マジでウザいんですけど、「さくらインターネット」ユーザーのコイツ。

いつものことながら、誤字・脱字・意味不明がありましたらお許しください(^-^;


こういった詐欺まがいのブラッキーなメールは、本文中のリンクをクリックしないことが大切!
そしてOS付随のセキュリティーは充てにせず、必ず自身でセキュリティーソフトを導入し
防御することが大切です。
丸腰の方、躊躇しないで「ポチっ」としてご安全に!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました