『乗っ取り?!』「Your Apple ID Verification Code is: 」と、来た件

迷惑メール

「2段階ファクタ」は必ずONに!
!ご注意!
当エントリーは迷惑メールの注意喚起を目的とし、悪意を持ったメールをご紹介ししています。
このようなメールを受け取っても絶対に本文中にあるリンクをクリックしないでください!
リンクは当該サイトを装った偽サイトへ誘導で、最悪の場合、詐欺被害に遭う可能性があります。
ですから絶対にクリックしないでください!
どうしても気になると言う方は、ブックマークしてあるリンクを使うかスマホアプリを
お使いになってログインするように心掛けてください!


とにかくパスワードの変更

今朝起きてiPhoneを見ると1通のSMSが夜中に…
こんな時間になんだろうか?と思って開いてみると「えっ!!」(・_・;)

これもしかしてヤバイかも…
だいたい内容は分かるけど、一応訳してみると(笑)

AppleID確認コードは次のとおりです:269260

通知された時刻はAM1:30
こんな時間いびきかいてぐっすり寝てる時刻じゃん。
こんな時間に誰かが私の Apple ID を使ってログインを試みた模様です。

ヤバい!これは不正ログインによる乗っ取りだ!!

乗っ取りに使われた電話番号は「+46 76-9439629」となってる。
エリアコードが「+46」ってことはスウェーデンです。

私、Apple ID に「2ファクタ」してるんで乗っ取りはされないと思うんだけどね。

あっ、「2ファクタ」ってのは、いつもと違うデバイスら初めてサインインしようとすると
いつも使ってる既に信頼されたデバイスに6桁の確認コードが送られ、そのデバイスで
認証しないとサインインできない認証方式です。

今回私にはこの地図が書かれた通知は来なかったので「単なるいたずら」だと判断しますが
気持ちが悪いので一応パスワードはすぐに変更しておきました(^^;)


「2ファクタ」の確認法

こんな時「2ファクタ」が適用されていると安心ですよね。
これを機会に皆さんの Apple ID は「2ファクタ」が適用されているかどうか確認されて
みてはいかがでしょうか?

設定から最上段にある自身の名前をクリックして「Apple ID」に進みます。
すると、「パスワードとセキュリティ」がありますので開きます。

 

下のように「2ファクタ認証」「オン」になっていればOKです。

さて、この「Your Apple ID Verification Code is:… 」ってのは英語圏の表記で
日本の場合は先に書いたように「AppleID確認コードは次のとおりです:…」と
送られきます。


パスワードを変更したらやること

パスワードを変更したのでいつも Apple ID にサインインしている他のデバイスから
あらためてサインインしようとすると当たり前ですが「2ファクタ認証」を求められます。

職場に着いてPCの電源を投入し早速ブラウザでiCloudを開くとIDとパスワードを
求められます。

先ほど変更したパスワードを入力して先へ進むと、早速スマホにApple IDか以下のような
メッセージが届きます。

 

と同時にスマホにこのようなメッセージも届きます。


私の所在は、全然岐阜市じゃありませんけどね(笑)

このメッセージを確認しスマホにログインすると今度はこのようなメッセージが
表示されます。


相変わらずしつこく岐阜に居ることになっています(^^;)

「許可する」を押すと、以下のように確認コードが表示されますので
PCのブラウザに表示された画面にこのコードを入力してようやくサインインが可能となります。

これは、パスワードを変更した場合に手もちのデバイス全てで行う必要があります。

面倒ですが、「2ファクタ認証」乗っ取り詐欺に遭わないために必ず行いましょう!


 

こういった詐欺まがいのブラッキーなメールは、本文中のリンクをクリックしないことが大切!
そしてOS不随のセキュリティーは充てにせず、必ず自身でセキュリティーソフトを導入し
防御することが大切です。
丸腰の方、躊躇しないで「ポチっ」としてご安全に!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました