『詐欺メール』クセが強いワードサラダ付きメールが来た件

迷惑メール

%{RAND_LETTER_5}ってなに?
!ご注意!
当エントリーは迷惑メールの注意喚起を目的とし、悪意を持ったメールをご紹介ししています。
このようなメールを受け取っても絶対に本文中にあるリンクをクリックしないでください!
リンクは当該サイトを装った偽サイトへ誘導で、最悪の場合、詐欺被害に遭う可能性があります。
ですから絶対にクリックしないでください!
どうしても気になると言う方は、ブックマークしてあるリンクを使うかスマホアプリを
お使いになってログインするように心掛けてください!


HTMLをテキスト形式に切替えると

見慣れた件名のフィッシング詐欺メールが届きました。

この件名でなんどかエントリー書いてるのでいつもなら中身なんて確認せずにゴミ箱行き
なんですが、なぜだか違和感を感じたんでHTML形式ものもをテキスト形式に表示を
切替えて見ると・・・やっぱり。

どうよこのワードサラダ。

一文字一文字の間にご丁寧にも”%{RAND_LETTER_5}”や”%{RAND_LETTER_8}”って文字列が
割り込まれています。
これ作った人ってよっぽど暇なんすかね?
こんなことしてるより仕事した方が金になると思うんですが…(^^;


ワードサラダとは?

久しぶりにワードサラダについて説明しましょう。
”ワードサラダ” 直訳すると”言葉のサラダ”
これは、一般に迷惑メールなどのメールに使われる手法です。

電子メールはメールサーバーを介して受送信される電子郵便物です。
ご存知の通り、このメールには悪意を持って送られる迷惑メールが存在します。
これらのメールは受信側のサーバーを通過する際にサーバーに施されたスパムフィルターと
呼ばれるセキュリティ装置で悪意のあるメールかどうかを判断されます。
装置によって処理方法は違いますが、うちのサーバーのように件名の頭に”[spam]”と追記して
知らせたり、自動で迷惑メールフォルダに移動したりします。

ワードサラダとは、このメールサーバーにあるスパムフィルターを混乱させて通過させようと
する試みで、文法としては正しいが、意味が破綻している文章のことを言います。
このメールの場合は、文法も正しくありませんね(笑)

それに、このメールの場合、件名見て分かる通り件名の頭に”[spam]”と刻まれている通り
しっかりスパムフィルターで選別されちゃってます(笑)

しかし、このフィルターも時々ミスることがあって、大切なメールにも”[spam]”と
刻まれることもあってちょいちょい客先と行き違ったりします。(^^;

 

こういった詐欺まがいのブラッキーなメールは、本文中のリンクをクリックしないことが大切!
そしてOS不随のセキュリティーは充てにせず、必ず自身でセキュリティーソフトを導入し
防御することが大切です。
丸腰の方、躊躇しないで「ポチっ」としてご安全に!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました