『詐欺メール』『【注意】三井住友カード:アカウント情報の確認をお願いします%【重要】三井住友カードのセキュリティ警告』と、来た件

迷惑メール

三井住友カード?それとも三井住友銀行?
※ご注意ください!
このブログエントリーは、フィッシング詐欺メールの注意喚起拡散を目的とし
悪意を持ったメールを発見次第できる限り迅速にをもっとうにご紹介しています。

このようなメールを受け取っても絶対に本文中のリンクをクリックしてはいけません!
リンク先は正規サイトを模した偽のコピーサイトで、フォームにアカウント情報や
クレジットカードの入力させそれらの情報を詐取しようとします。
被害に遭わないために絶対にリンクはクリックせず、どうしても気になる場合は
ブックマークしてあるリンクを使うかスマホアプリを
お使いになってログインするよう
心掛けてください!
また、気が付かずにログインしてしまった場合は、まず落ち着いてできる限り早く
パスワードの変更やクレジットカードの利用停止を行ってください。

★フィッシング詐欺解体新書★

怪しげなフォントを操る

怪しげなフォントを操るメールが『三井住友カード』から届きました。

どうやら実在しない私の三井住友カードアカウントで不穏な動きがあったようです。(笑)
ありもしないカードのアカウントに同のような変動があったと言うのでしょうね…(;^_^A
メールアドレスだって三井住友カードさんのものではないし。
これ絶対偽メールじゃないですか!

それに見てください、『直』の文字が全て当用漢字のものと異なっています。
これってどうやったら変換できるのでしょうか?
この本文をWORDに貼り付けてどのようなフォントが使われているのか調べてみると・・・

『Microsoft YaHei UI』と言うフォントが使われているようです。
このフォントに付いて調べてみると、Microsoft Windowsに標準で搭載されている簡体字中国語フォント
だそうです。
ということは、どうやらこのメールの作者は中国の人間のようですね。

では、このメールを解体し詳しく見ていきましょう!
まずはプロパティーから見ていきましょう。

件名は『[spam] 【注意】三井住友カード:アカウント情報の確認をお願いします%【重要】三井住友カードのセキュリティ警告』
なんか2つの件名が合体しているように思えるのは私だけでしょうか?
それに途中の『%』はどのような意味があるのでしょうか?

ご承知の通り件名欄は、差出人が書き込むものですからいくらでも適当に記入できます。
この件名には”[spam]”とスタンプが付けられているので迷惑メールの類です。
このスタンプはスパムスタンプと呼ばれるサーバーからの注意喚起で、これが付いている
ものは全て迷惑メールと判断されたもの。
うちのサーバーの場合注意喚起だけですが、例えばGoogleのGmailサーバーの場合だと
否応なしに『迷惑メール』フォルダーに勝手に保存されるような仕組みもあります。

差出人は
『三井住友銀行 <admin@xboxverse.com>』
皆さんはご存じでしょうか?
この差出人欄は完全に自己申告制で、誰でもウソが書けるフィールド。
ですから、ここは信用できない部分です。

おや?三井住友カードじゃなくって『三井住友銀行』?
同じグループ企業ですけど、これらは別会社です。
もう味噌も糞もめちゃくちゃですね…

xboxverse.com”ってどなたのドメインなんでしょうね?
公式サイトのURLにあるドメインを見れば一目でわかりますが、三井住友カードさんの
公式ドメインは”smbc-card.com”でこのようなXboxを連想するようなドメインではありません。


シチリア島にあるメールサーバーから発信

では、このメールが悪意のあるメールであることを立証していきましょうか!
まず、このメールのヘッダーソースにある”Received”を確認し調査してみます。
私が愛用のThunderbirdの場合、『表示(V)』⇒『メッセージのソース(O)』と進むと見られますよ。

Received:『from mail.xboxverse.com (unknown [62.76.234.99])』

Received”は、このメールが通過してきた各受送信サーバーが自身で刻む自局のホスト情報です。
ここに掲げた”Received”はこのメールが最初に通過したサーバーのもの。
すなわち、差出人が使った送信サーバーの自局情報。
記載されている末尾の数字”62.76.234.99”は、そのサーバーのIPアドレスになります。
これを紐解けば差出人の素性が見えてきます。
このIPアドレスを元に送信に使われた回線情報とその割り当て地を確認してみます。

送信に利用されたのは、『Baxet Group Inc.』と言うアメリカにあるプロバイダーです。

位置情報は、IPアドレスを元にしているので、かなりアバウトな位置であることを
ご承知いただいた上でご覧ください。

代表地点としてピンが立てられたのは、イタリアのシチリア島にある『パレルモ』付近です。
このメールは、このように風光明媚な場所に設置されたメールサーバーを介して私に届けられたようです。


『カスタマーセービス』ってどうよ

では引き続き本文。

日頃より、三井住友カードをご利用いただきありがとうございます。

システムにて定期的な監査中、お客様のアカウントに一部の変動を確認しました。安全対策の一環として、以下のステップをとっていただきたく存じます。

確認手順:

Vpassログイン

三井住友カード公式サイトへ直接、ブラウザを利用してアクセスしてください。
ご自身のアカウントにサインインし、最近の取引とアカウントの詳細を確認してください。
何らかの不具合や疑問が生じた場合は、直ちに弊社サポートセンターにご連絡ください。
【安全上のヒント】

このメールには、セキュリティの理由から直接的なログインリンクは含めておりません。
いかなる状況でも、お客様のパスワードや個人情報を第三者に開示しないでください。
お手数をおかけしますが、お客様の安全のため、ご協力とご理解をお願い申し上げます。

敬具、

三井住友カード カスタマーセービス

署名は『三井住友カード カスタマーセービス部』ですって…(;^_^A
自分の部署名間違いますかね?(笑)

このメールは詐欺メールですから詐欺サイトへのリンクが付けられています。
そのリンクは『Vpassログイン』って書かれたところに付けられていて、
そのリンク先のURLとトレンドマイクロの『サイトセーフティーセンター』での危険度評価がこちらです。

既にしっかりブラックリストに登録済みですね。
リンクへ移動してもサイトはブロックされるでしょう。

このURLで使われているドメインは、サブドメインを含め”accout.smba.jp.elmsta3000.com”と
これまた三井住友カードの公式ドメインとは全く異なるものが使われています。

このドメインにまつわる情報を取得してみましょう。

このドメインを管理されているのは、中国湖北省の方のようです。
割当てているIPアドレスは”23.247.42.142
このIPアドレスを元にサイト運営に利用されているホスティングサービスとその割り当て地を確認してみます。

利用されているホスティングサービスは、ロサンゼルスにある『LayerHost』

こちらもIPアドレスを元にしているので、アバウトな位置であることをご承知いただいた上で
ご覧ください。
今度ピンが立てられたのも、ロサンゼルス近郊の『カリフォルニア州交通局』付近。
この辺りに設置されたウェブサーバーに、リンク先の詐欺サイトは構築されているようです。
面倒なのでわざわざ見に行くことは致しません。


まとめ

恐ろしいことに、今、こうしている間にも大量のフィッシング詐欺メールが発信されたくさんの
フィッシング詐欺サイトが作られ消滅していきます。
次から次に新種のメールが届くので常に意識して被害に遭わないようご注意ください。

いつものことながら、誤字・脱字・意味不明がありましたらお許しください(^-^;


こういった詐欺まがいのブラッキーなメールは、本文中のリンクをクリックしないことが大切!
そしてOS付随のセキュリティーは充てにせず、必ず自身でセキュリティーソフトを導入し
防御することが大切です。
丸腰の方、躊躇しないで「ポチっ」としてご安全に!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました