『詐欺メール』「お荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました」と来た件

迷惑メール

これじゃ騙されたくても騙されないな~
!ご注意!
当エントリーは迷惑メールの注意喚起を目的とし、悪意を持ったメールをご紹介ししています。
このようなメールを受け取っても絶対に本文中にあるリンクをクリックしないでください!
リンクは当該サイトを装った偽サイトへ誘導で、最悪の場合、詐欺被害に遭う可能性があります。
ですから絶対にクリックしないでください!
どうしても気になると言う方は、ブックマークしてあるリンクを使うかスマホアプリを
お使いになってログインするように心掛けてください!


これ系、久々に来やがった!

仕事で移動中、スマホに”ピンポン♪”とSMS。
事務所とのやり取りは”LINE WORKS”だし、友達や知り合いはSNSだし、取引先なら
Eメールだし、いったい誰だろ?っと開けて見ると…

はは~ん、これってアレだね(笑)

はい、皆さん。
宅配便からスマホにショートメールきませんから♪
来るならEメールかスマホアプリ。
依ってこのSMSは悪意のあるメール、そう「詐欺」なんです!


事務所に戻って内容を確認

即座に家族に連絡し不在票がポストインされていないのを確認し、はい、確定!
以前にもあったので家族も「またなの?」と冷静に。

事務所に戻り再度SMSを開き内容を精査してみる。
(ここから先はマネしないでください)

まずはSMSにあるURLを開くと

ちと待て、ちと待て(汗)
不在連絡のはずが何故か”ジャパンネット銀行”の不正アクセスの通知に内容変わってるし(笑)
あり得ない、あり得ない…(^^;

面白そうなのでもう少し遊んでみる。
”閉じる”を押したら”安全ではありません”と注記されたサイトに導かれるた(^^;
これまたあり得ない(笑)

URLは”http:jnb-md.com”(URLが勝手に開かないようにわざと全角にしてあります)
ん~、”ジャパンネット銀行”のそれらしいURLにはなってるけど本当のジャパンネット銀行は
”https://www.japannetbank.co.jp/” ちゃんと暗号化されてるんでhttpの後ろに”s”入ってる。

これはスマホじゃラチあかんわって事でここからPCに切替え。
PCのブラウザにスマホで導かれたURL「jnb-md.com」を打ち込んでみる。
と、


でたでた(笑) やっぱPCにして正解! しっかりバスターが守ってくれますから(*^^*)


ジャパンネット銀行の偽サイトへ

引続き調査のため潜入♪
ってか、いつの間にか不正送金の詐欺メールに変わってるぅ~って。

はい、ジャパンネット銀行の偽サイトに引きずり込まれました。
完コピページですね、まず、著作権の侵害でこれも立派な犯罪!

店番と口座番号、パスワードを適当に入れて…ん? メニュー?
まぁ何でもいいや、どーせジャパンネット銀行のサイトの口座なんて持ってないし(笑)

んなもん知らんわ。 と、”Welvcome Page”でログインを試みる。

繋がらない…
なんどやっても繋がらない…(^^;

断念かと思ってたら”普通貯金取引明細照会”でようやく次へ行けた。

ワンタイムパスワード? ああ、1度しか使えないって言うトークンとかってヤツで
出てくるのね。

適当に、って言うか何でもいいんで連番で入れてみると…

またかい!
この画面いちいち面倒だなぁ…(;^_^A

暫く待つと、本当のジャパンネット銀行のサイトへ飛ばされました。

と言うことは、奴らの目的は達成されたって事だな…

店番と口座番号とパスワード、それにワンタイムパスワード。
これだけ揃えば不正送金とかできちゃうんですね。

因みに本当のジャパンネット銀行のサイトへ行ってみると。

しっかり注意喚起されています!
被害に遭われた方いらっしゃるんでしょうね、御気の毒様です( ノД`)シクシク…


しかし不在連絡からよくも”ジャパンネット銀行”の不正アクセス通知に一気に
切替えられるもんです。
これじゃ騙されたくても騙されませんよ(笑)


迷惑メール相談センターへ通報します

では最後に、受信者の責任として受け取った「迷惑メール」を通報。
迷惑メール相談センター情報提供ページ」にある
メールアドレス(meiwaku@dekyo.or.jp)宛に「ヘッダーをすべて表示させた」状態で転送します。
はい、お疲れ様でした (^^♪


こういった詐欺まがいのブラッキーなメールは、本文中のリンクをクリックしないことが大切!
そしてOS不随のセキュリティーは充てにせず、必ず自身でセキュリティーソフトを導入し
防御することが大切です。
丸腰の方、躊躇しないで「ポチっ」としてご安全に!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました