『詐欺メール』セゾンカードから「【重要】ゾンカード本人确认のお知らせ」と、来た件

迷惑メール

やる気のない詐欺メール
※ご注意ください!
このブログエントリーは、フィッシング詐欺メールの注意喚起拡散を目的とし
悪意を持ったメールを発見次第できる限り迅速にをもっとうにご紹介しています。

このようなメールを受け取っても絶対に本文中のリンクをクリックしてはいけません!
リンク先は正規サイトを模した偽のコピーサイトで、フォームにアカウント情報や
クレジットカードの入力させそれらの情報を詐取しようとします。
被害に遭わないために絶対にリンクはクリックせず、どうしても気になる場合は
ブックマークしてあるリンクを使うかスマホアプリを
お使いになってログインするよう
心掛けてください!
また、気が付かずにログインしてしまった場合は、まず落ち着いてできる限り早く
パスワードの変更やクレジットカードの利用停止を行ってください。

★フィッシング詐欺解体新書★

件名すら間違ってるし

最近ちょくちょく見られるのがこのようなやる気のない奇々怪々な詐欺メール。
もう件名からしておかしいでしょ?(;^_^A
こりゃ詐欺メールよ言うよりは迷惑メールですね。
コピペすると文字化けしそうなメールですね…(;^_^A

中国の漢字が多すぎて読めないと言っても過言ではありません。
これは騙しに来てるとは到底思えないメールです。
それに差出人のメールアドレスが何故だかAEONになってるし(笑)

では、このメールを解体し詳しく見ていきましょう!
まずはプロパティーから見ていきましょう。

件名は「[spam] 【重要】ゾンカード本人确认のお知らせ」
ご承知の通り件名欄は、差出人が書き込むものですからいくらでも適当に記入できます。
恐らくは「セゾンカード本人確認のお知らせ」と書きたかったのでしょうね(笑)
もちろんこの件名には”[spam]”とスタンプが付けられているので迷惑メールの類です。
このスタンプはスパムスタンプと呼ばれるサーバーからの注意喚起で、これが付いている
ものは全て迷惑メールと判断されたもの。
うちのサーバーの場合注意喚起だけですが、例えばGoogleのGmailサーバーの場合だと
否応なしに「迷惑メール」フォルダーに勝手に保存されるような仕組みもあります。

差出人は
「”株式会社クレドイゾン” <bsybap@AEON.org>」
皆さんはご存じでしょうか?
この差出人欄は完全に自己申告制で、誰でもウソが書けるフィールド。
でセゾンカードを発行している社名は「クレドイゾン」じゃなくて「クレディセゾン」
それにどうしてセゾンカードの関するメールをAEONが送るの?
絶対にわざとでしょ?


発信元は中国

この時点で詐欺or迷惑メール確定ですが、この差出人の素性を確認するためにこのメールの
ヘッダーソースにある”Received”を紐解いていくことにします。

Received:「from AEON.org (unknown [113.229.63.138])」

ここにも”AEON.org”なんてAEONのドメインが刻まれていますね。
どこまでもウソを貫くつもりです。
Received”は、このメールが通過してきた各受送信サーバーが自身で刻む
自局のホスト情報です。
ここに掲げた”Received”はこのメールが最初に通過したサーバーのもの。
すなわち、差出人が使った送信サーバーの自局情報。
記載されている末尾の数字は、そのサーバーのIPアドレスになります。

Received”のIPアドレス”113.229.63.138”は、差出人が利用しているメールサーバーのもの。
このIPアドレスを元に通信に使われた回線情報とその割り当て地を確認してみます。

書かれているホストの情報は「CNC Group CHINA169 Liaoning Province Network」
これは「中国聯合通信有限公司(ちゅうごくれんごうつうしんゆうげんこうし)」と言うホスティング。
まあ、本文の漢字を見れば中国のからと言うことは明らかでしたが、やはりですね。

位置情報はIPアドレスを元にしているので、かなりアバウトな位置であることを
ご承知いただいた上でご覧ください。

代表地点としてピンが立てられたのは、「中華人民共和国 遼寧省 瀋陽市」付近です。
このメールは、この付近に設置されたメールサーバーを介して私に届けられたようです。


読めと言われりゃ読めるけど…

では引き続き本文。

セゾンカードをご利用いただき、诚ニありガとうございます。

当社では、犯罪收益移転预防法ニ基づき、お取引を行う目的等を确认させテいただいテおります。また、この度のご案内は、当社ご利用规约第9条1项7ニ基づくご依頼となりま
す。

お客様お客様の直接近の取引いついくつかのご质问ガございます、下记のリンクをアクズスし、ご回复ください。

お取引确认

※定期间ご确认いただけない场合、口座取引を一部分制限させテいただきます。※回答ガ完了しますと、通常どおりログイン后のお手続きガ可能ります

お客様のご返信内容を确认后、利用制限の解除を検议させテいただきますので、できる限制り详细のご回答ください。
—————————————————————— ——————-
発行者
株式会社kuレドイゾン

※电话番号をよくお确实かめのうえ、お挂け间违いのないようご注意ください。

※携带话等からも、通话料无料でご利用いただけます。

※IP电话等、一部分ご利用いただけない场合ガあります。

メールからのコピペなので文字化け等はご容赦ください。

何が書いてあるのかはおおよそ想像はつきますが、それにしても漢字がひどいですね…

このメールは詐欺メールですから詐欺サイトへのリンクが付けられています。
そのリンクは赤字にしたところに付けられていて、そのリンク先のURLと
トレンドマイクロの「サイトセーフティーセンター」での危険度評価がこちらです。

もうすでに危険なサイトとして登録済みでした。

このURLで使われているドメインは、サブドメインを含め”saisoncacard.co.jp.suctrade.cn”と
中国の国別ドメインが使われています。
このドメインにまつわる情報を取得してみます。

このドメインの申請者は「杭州时尚速度科技有限公司」と言う中国の通信会社。
恐らくリンク先サイトの管理者は、この企業にドメイン申請の代行をお願いしたのでしょう。

このドメインを割当てているIPアドレスは”155.94.174.236
このIPアドレスを元にその割り当て地を確認してみます。

こちらもIPアドレスを元にしているので、アバウトな位置であることをご承知いただいた上で
ご覧ください。
代表地点としてピンが立てられのは、ロサンゼルス付近。
フィッシング詐欺サイトは、この付近に密集しています!
この辺りに設置されたウェブサーバーに、リンク先の詐欺サイトは構築されているようです。

危険と言われると見に行きたくなるのが人情と言うもの。
安全な方法でリンク先の詐欺サイトに調査目的で訪れてみました。

開いたのは「Netアンサー」と書かれたゼゾンカードユーザー専用のウェブサイトのログイン画面。
まああのメールの文面を見て誰もここまで辿らないとは思いますが、一応詐欺サイトなので
絶対にログインしないでください。


まとめ

最近ちょくちょく見かけるあからさまに中国の漢字やカタカナを使ったメール。
何が目的なのでしょうか?
まさか本気で騙しに来てはいませんよね?(笑)

恐ろしいことに、今、こうしている間にも大量のフィッシング詐欺メールが発信されたくさんの
フィッシング詐欺サイトが作られ消滅していきます。
次から次に新種のメールが届くので常に意識して被害に遭わないようご注意ください。

いつものことながら、誤字・脱字・意味不明がありましたらお許しください(^-^;


こういった詐欺まがいのブラッキーなメールは、本文中のリンクをクリックしないことが大切!
そしてOS付随のセキュリティーは充てにせず、必ず自身でセキュリティーソフトを導入し
防御することが大切です。
丸腰の方、躊躇しないで「ポチっ」としてご安全に!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました