『ホッとした~』不調は老化では無かった件

PC

原因がこんなところにあったとは…

このところずっとマウスカーソルの動きがルーズで、CAD操作時に必要なツールバーに
カーソルを合わせるのが下手クソになりかなりストレスを感じるようになったんです(;^ω^)
マウスを変えたわけでもなく、マウスカーソルの速度を変えたわけでもなく…
寄る年波には勝てず老眼だけじゃなくそろそろ『老化かなぁ~』と…トホホ( ;´д`)ノ|柱|

突然ですが、私、デスクにモニターを2台設置しデュアルモニター環境で仕事してます。
CADオペなら一般的な環境だと思います。
メインモニターを半年ほど前に購入した32インチの4KモニターでサブがフルHDの27インチ。
勿論、CADの主な操作は大きい方の32インチのメイン画面で行っています。

で、昨日、ちょいと気分転換にと掃除していた際に何を思ったのかモニターの配置を
メインとサブで入れ替えてみたんです。

そしたら、画面が小さくなったせいかものすごく操作がしやすくなり、必要なツールバーに
ササっと思い通りにカーソルが届き動きもイキイキ!(*^^)v

なぁ~んや、老化じゃなくて画面がデカすぎたのが原因だったんだ♪
良かった~ 心配して損した!
CAD生命も終わりかとホント悩んでたから(*´∀`*)ホッ-3

しかし何でも大きければ良いと言う訳でもないのですね。
以前は「A1サイズのモニターがあれば用紙実寸で図面が描けるよなぁ」なんて真剣に考えた事も
あったんですが(笑)

な~んて、じじいの戯言でした…

 

タイトルとURLをコピーしました