『詐欺メール』Amazonから「変更を確認してください」と、来た件

迷惑メール

味気のないメールですこと
※ご注意ください!
当エントリーは迷惑メールの注意喚起を目的とし、悪意を持ったメールをご紹介しています。
このようなメールを受け取っても絶対に本文中のリンクをクリックしてはいけません!
リンク先は正規サイトを模した完全コピーした偽サイトで、フォームにアカウント情報を
入力させアカウント情報を詐取します。
ですから被害に遭わないために絶対にリンクはクリックせず、どうしても気になる場合は
ブックマークしてあるリンクを使うかスマホアプリを
お使いになってログインするよう
心掛けてください!


アマゾンらしくないメール

アマゾンを騙ったフィッシング詐欺メールが後を絶ちません(汗)

サーバーにあった迷子メールの1つです。
送付先は既に退社したスタッフのアカウントに宛てられていました。

アマゾンらしくないモノトーンでテキストばかりの色気のないメール。
きっとアマゾンからなら様々な商品の紹介など写真がちりばめられてるのに。。。

「プライバシー規約(2021/04/20)」の変更により、手順に従ってすべてのステップを
完成してください。

無理やりこじつけの理由でリンクのURLから詐欺サイトに誘導しようとする手口ですね。
まぁ、詐欺メールの常套手段です。

件名は「[spam] [Amazon]変更を確認してください」
”[spam]”と書かれていますがこれはうちの受信サーバーが付加した”スパムスタンプ”
これがあるメールは迷惑メールと判断できます。

差出人は「”Amazon.co.jp” <update@amazon.co.jp>」
うそうそ!
メールにはヘッダーソースってところで詳細情報を取得できます。
そのソースの中で”Received”ってフィールドそれぞれのサーバーが自動的に刻み込む
ホスト情報。
このメールにある差出人が利用した送信サーバーの情報がこちら。

Received: from Amazon.co.jp (v118-27-81-191.8u1h.static.cnode.io [118.27.81.191])

”118.27.81.191”がそのサーバーに割り当てられたIPアドレスで、これを元にそのサーバーの
おおよその位置などが取得できます。

あくまでおおよその位置ですが…


anazon

あらためて本文に目を移すと気になるのはこの詐欺サイトへのリンクURL

←リンクしませんのでご安心を♪

よ~く見ると、”amazon”じゃなくて”anazon”…ア・・ゾ・ン(爆)

もうすでにこのサイトは閉鎖されていましたが、ドメインの調査は可能。
って訳で他力本願(笑)

2015年から使われているドメインでしたが、それ以外は全部プライバシー保護されて
情報は取得できませんでした。


今回のアマゾンを騙ったフィッシング詐欺メールですが、ちょっと味気のない
モノトーンなメールでした。
アマゾンを騙るならせめてロゴぐらいは使ってみても良いと思いますが…

こういった詐欺まがいのブラッキーなメールは、本文中のリンクをクリックしないことが大切!
そしてOS付随のセキュリティーは充てにせず、必ず自身でセキュリティーソフトを導入し
防御することが大切です。
丸腰の方、躊躇しないで「ポチっ」としてご安全に!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました