『詐欺メール』怪しすぎる英語のメールが届いた件

迷惑メール

メールアカウントを乗っ取ったと?!

東ヨーロッパから愛をこめて

今朝のメール巡回でサーバーの受信箱に残された英文の怪しい迷子メールを発見!
私、自慢じゃありませんが英語なんてからっきし(;^ω^)
でに内容が気になるので翻訳サイトを使って全文を翻訳してみることにしました。

まずは、原本のメールがこちら。

差出人:「emailcaro@***.**」
宛先:「emailcaro@***.**」(差出人と同じ)
件名:「 [spam] ***.** security service. Third party accessed to emailcaro@***.**.」
注)「***.**」部分はうちのドメイン。

ヘッダーソースの”Return-Path”と”Message ID”にも同じ”emailcaro@***.**”
が使われていました。

また、ヘッダーソースにある送信者のIPアドレスから導き出した所在地はクロアチア。


脅しのメールだった

では、全文を翻訳してみることに。

ああ、これって前に日本語に翻訳された同じような内容のものを何度か受け取ってエントリー
書いたわ(笑)。
「 アカウントがハッキングされました。すぐにパスワードを変更してください。」と来た件

書いてある事もほぼほぼ同じ。
その内容は、パソコンを乗っ取ってパソコンに残された様々なアドレス帳のデーターを
取得した。
そしてやらしいサイトを閲覧した様子も搭載されたWebカメラを使って録画したと。
この録画した動画を取得したアドレス帳に流されたくなければビットコイン経由で
金を払えっていう脅しのメール。

私は、darkwebでhadleigh91として知られている非常に優れたプログラマー

冒頭にこやつ、自分の事を自画自賛してるけど”darkweb”の”hadleigh91”?
そんなの誰も知らないよ(笑)

このメールには、フィッシング詐欺メールにありがちなカラフルさやリンクなどは無く
このトーンで全く味気ないテキストだけのメールなので一層怪しさが漂っていますね。

要求している金額は$1200USD。
今日現在のレートだと日本円で128,000円。
微妙にリアルな金額ですね…(^^;


存在しないアカウントへのメール

さて、このメールは冒頭に書いたように、サーバーに残された迷子メール。
なぜ迷子メールなのかと言うと、ドメインはうちのものですが@より前の”emailcaro”
なんてアカウントはサーバーに存在しないもの。
なので、こやつがメールボックスをハッキングできるはずもなく、コンピューターも
乗っ取れるはずがありません。
だってそんなの存在しないんですから…
どこが”非常に優れたプログラマー”なんでしょうか? マジで無様すぎ~(爆笑)

皆さんもこんなの信じちゃいけませんよ!
って、信じないか(*^^*)

でも、英文の怪しいメールが届いたらこんな事ぜずに即座にゴミ箱が良いかもです!


迷惑メール相談センターへ通報します

では最後に、受信者の責任として受け取った「迷惑メール」を通報。
迷惑メール相談センター情報提供ページ」にある
メールアドレス(meiwaku@dekyo.or.jp)宛に「ヘッダーをすべて表示させた」状態で転送します。
はい、お疲れ様でした (^^♪


こういった詐欺まがいのブラッキーなメールは、本文中のリンクをクリックしないことが大切!
そしてOS不随のセキュリティーは充てにせず、必ず自身でセキュリティーソフトを導入し
防御することが大切です。
丸腰の方、躊躇しないで「ポチっ」としてご安全に!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました