『詐欺メール』「【重要】AEONアカウントの个人情报确认のお」と、来た件

迷惑メール

文字化け必須!(;^_^A
※ご注意ください!
このブログエントリーは、フィッシング詐欺メールの注意喚起拡散を目的とし
悪意を持ったメールを発見次第できる限り迅速にをもっとうにご紹介しています。

このようなメールを受け取っても絶対に本文中のリンクをクリックしてはいけません!
リンク先は正規サイトを模した偽のコピーサイトで、フォームにアカウント情報や
クレジットカードの入力させそれらの情報を詐取しようとします。
被害に遭わないために絶対にリンクはクリックせず、どうしても気になる場合は
ブックマークしてあるリンクを使うかスマホアプリを
お使いになってログインするよう
心掛けてください!
また、気が付かずにログインしてしまった場合は、まず落ち着いてできる限り早く
パスワードの変更やクレジットカードの利用停止を行ってください。

★フィッシング詐欺解体新書★

読めないメール

こんなメール送ってどうしろと言うのでしょうか?
読むのに一苦労です…(;^_^A

まさかとは思いますが、誰もだまされたりしていませんよね?(笑)

では、このメールを解体し詳しく見ていきますが、内容が内容だけに文字化け等はご容赦くださいね!
まずはプロパティーから見ていきましょう。

件名は「[spam] 【重要】AEONアカウントの个人情报确认のお」
ご承知の通り件名欄は、差出人が書き込むものですからいくらでも適当に記入できます。
この件名には”[spam]”とスタンプが付けられているので迷惑メールの類です。
このスタンプはスパムスタンプと呼ばれるサーバーからの注意喚起で、これが付いている
ものは全て迷惑メールと判断されたもの。
うちのサーバーの場合注意喚起だけですが、例えばGoogleのGmailサーバーの場合だと
否応なしに「迷惑メール」フォルダーに勝手に保存されるような仕組みもあります。

差出人は
「”AEON” <fdny@AEON.net>」
皆さんはご存じでしょうか?
この差出人欄は完全に自己申告制で、誰でもウソが書けるフィールド。
ですから、ここは信用できない部分です。

ドメインに”AEON”と書きたくなるのは分からないでもありませんが、ドメインに
大文字と小文字の区別はありません。


天安門広場東に何がある?!

では、このメールがフィッシング詐欺メールであることを立証していきましょうか!
まず、このメールのヘッダーソースの”Received”を確認し調査してみます。
私が愛用のThunderbirdの場合、「表示(V)」⇒「メッセージのソース(O)」と進むと見られますよ。

Received:「from AEON.net (unknown [220.192.230.69])」

Received”は、このメールが通過してきた各受送信サーバーが自身で刻む
自局のホスト情報です。
ここに掲げた”Received”はこのメールが最初に通過したサーバーのもの。
すなわち、差出人が使った送信サーバーの自局情報。
記載されている末尾の数字は、そのサーバーのIPアドレスになります。
これを紐解けば差出人の素性が見えてきます。
Received”のIPアドレス”220.192.230.69”は、差出人が利用しているメールサーバーのもの。
このIPアドレスを元に利用された回線情報と割り当て地を確認してみます。

プロバイダー名は、中国の「China Unicom Network(中国聯合通信)」
イオンが中国のプロバイダー使いますかね?(笑)

次に割り当て地の情報。
IPアドレスを元にしているので、かなりアバウトな位置であることをご承知いただいた上でご覧ください。
代表地点としてピンが立てられたのは、「天安門広場」の東側辺りで、ここは世界最大の詐欺メール
発信地です。
このメールは、この付近に設置されたメールサーバーを介して私に届けられたようです。


なに言ってるんだかさっぱり…

では引き続き本文。

【重要】AEONアカウントの个人情报确认のお愿い

AEONをご利用いただきありガとうございます。この度、お客様のプライバシー保护のため、乱社はアカウントの安全を确保するため、お客様の个人情报を更新する必须要ガあります。

现在、お客様のアカウンタ情报ニ不备ガある可能性ガあるため、个人情报の再确认をお愿いたします。し、个人情报の确认かできない场合、アカウントの使用ガ停止される可能性ガあります。

ご不便をおかけしテしまい、诚ニ申し訳ございません。乱社ではお客様の个人情报保护を最优先ニ考え、今后ともより安全で快适ナsaーbisuを提供できるよう努力めテまいります。

お客はご面倒おかけいたします,のよりより个人情报の再再再确认

个人情报の再确认
ご不明な点ガございましたら、お気軽ニお问い合わせください。

今天后ともAEONをご爱顾赐りますよう、よろしくお愿い申し上げます。

いちいち説明の必要なんてありませんよね。
日本の漢字と中国の漢字、カタカナなどが入り混じっています…(;^_^A
「お客はご面倒おかけいたします,のよりより个人情报の再再再确认」なんて行、マジで何言ってるか
さっぱりわかりません。

このメールは詐欺メールですから詐欺サイトへのリンクが付けられています。
そのリンクは「个人情报の再确认」って書かれたところに付けられていますが、接続してみたら
本物のAEON CARDのサイトにつながりました。


まとめ

どうやら最初から詐欺を目的としたものではなく、単にイタズラでこのメールを送ったものと思われます。
人騒がせですよね…

いつものことながら、誤字・脱字・意味不明がありましたらお許しください(^-^;


こういった詐欺まがいのブラッキーなメールは、本文中のリンクをクリックしないことが大切!
そしてOS付随のセキュリティーは充てにせず、必ず自身でセキュリティーソフトを導入し
防御することが大切です。
丸腰の方、躊躇しないで「ポチっ」としてご安全に!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました