『知っトク!』PC操作をショートカットで効率的にする件

迷惑メール

仕事を効率的にこなすなら左手を使え

よく使うコマンドはキーボードに割り当てるべし

偶には真面目なお話しを(笑)

わたくし、常日頃PCを前にCADで図面を描く人。

もう20年以上携わつているのである意味達人の域…ウソウソ(笑)

CADを含め様々なアプリはコマンドを起動して操作を進めて一つの物を作り上げます。
このコマンド、様々なものがあるのですが、コマンドを起動するのにメニューバーや
ツールバーにマウスカーソルを移動させてマウスの右ボタンを押して起動します。
そして終了時にはコマンドをキャンセルさせて一つの作業を完了させます。

CADの作業はこの繰り返しを日に何百回と行うので、当然目も酷使。
終業時には結構な疲れ目もひどくかすんだりも…

でも、他のアプリもそうかもしれませんが、CADって座標入力以外マウス操作が主で
キーボードってそれほど使いません。
と言う事は、私のような右利きの場合、右手でマウスを操作するので左手は殆ど
ず~っと遊び惚けてるわけ。
非効率ですよね~

この非効率を何とかすれば仕事も早くなる!
うん、遊んでる左手を使って!

まず、一番よく使うコマンドは何か?
それは「コマンドキャンセル」です。
様々なコマンドはツールバーやメニューから起動しますが、コマンドキャンセルどれも
右クリックのショートカットにある「キャンセル」。
これ、キーボードの「Esc」ボタンでも「キャンセル」できるんですよね。

ならば遊んでいる左手の一番長い中指を「Esc」ボタンに乗せておけば良いわけ。
キャンセルしたいときはいつでも中指で押すだけ!
これだけでもかなり効率化が図れるはず!


キーをカスタマイズしてより効率的に!

CADってどれもそうだと思うのですが、元々機能としてコマンドをキーに割り当てられて
いるんですね。
例えば「移動」。
これはたいていの場合「M」
そう、移動は英語で「Move」だから。

このキーの割り当てってカスタマイズできたりするんです。
あまり人には言えませんが、わたくしよく使うコマンドをカスタマイズしキーに割り当てて
ひそかに効率化を図っているんです!
もちろん効率を考えてキーボードのできるだけ左側にあるキーに。

移動、複写、伸縮、選択、選択解除、座標指示などなどたくさん。

キーの位置もそのうち体が覚えるので覚えてしまえば条件反射的にキーを押すようになります。
そうなればこっちのもの!

なぜ仕事が早いか。
ここにヒントがあったんですね~(*^^*)

こういった理由で、わたくしのキーボードは人より刻印がすり減っている上
必然的に早く壊れる。

仕事が早くなればこうやって余った時間でブログも書けるし調べものもできるって訳。

ちょっとした事で便利になるのでPCを使ってお仕事される方、是非お試しあれ♪


 

タイトルとURLをコピーしました