『鯖』が釣りたかった件

スナップショット

・まずは武豊緑地

台風が近づき曇天模様のこの日、先日見た「釣りよか」の鯖のホイル焼きが食べたくて単独の釣行に出かけました。
事前のリサーチによると豊浜、武豊緑地、碧南釣り広場、吉良の宮崎漁港で釣れているとの情報を元に、比較的空いているだろうと予想された武豊へ朝6時に自宅を出て向かいました。
初めての釣り場でワクワクしながら約1時間で到着。
噂では釣れ出すと大勢の人で釣り場が埋まるとのことでしたが、私が着いた時にはほんの数える程しか竿を出していません。
こりゃダメかなと思いつつ釣っている人を見ているとちょくちょく竿を曲げ何やら魚が釣れている様子。
よく見ると、最近仲良しの「サッパ」君です。
まぁ、そのうち鯖も回ってくるだろうと仕掛けを作り竿を出してみると即座に当りがあり1投に1匹程度釣れてきます。
時々雨に見舞われながら鯖の群れを待つも、釣れるのはサッパばかり…
9時半頃まで粘りましたが、日も照りだし暑くてサッパも釣れなくなってきたので場所を変えることにしました。
(武豊の写真、撮り忘れました)

・移動先は吉良

鍋田でハゼクランクにしようか、それとも鯖が居るか居ないかわからない吉良の宮崎漁港でギャンブルに出るか。
迷ったのですが、空を眺めると鍋田はピーカンに晴れていそうで三河方面は雲がべったりと貼り付いていそうなので、三河方面の吉良へ。
武豊からナビの情報でちょうど1時間の距離。
単独釣行なのでのんびりちんたら1時間かけて宮崎漁港へ到着。
ここも初めての場所。
なんでも海水浴の時期は漁港内の駐車場に車を止めるにも800円の料金が必要です。
まぁお金を取るだけあってトイレも整備され広くてきれいな所。
しかし到着したのが10時半過ぎ、ド干潮が11時20分…最悪の時間帯。
何組かが釣りをしていますが、様子を見ると皆投げ釣りの様でちょくちょくゼンメを釣りあげている模様。
幸い先端の釣り座には誰もいないので早速釣り始めます。
一投目から即座に当りがあり、サッパと小メバルが上がってきました。
二投目もサッパと小カサゴ、三投目も小メバル。
しかし、ここも日が照りだし四投目以降さっぱり当りが無くなりました。投げてみたり、場所を変えてみたりして数匹のサッパを追加したものの、程無くド干潮を迎えた上、強烈な日差しに体が萎え汗だくになりながら退散しました。
しかし初めて来ましたが、この宮崎漁港って目の前が吉良温泉とワイキキビーチなので風光明媚ですごく遠くまで来た感じです。

宮崎漁港の防波堤
沖堤と梶島
吉良温泉とワイキキビーチ

今度は潮の高いときに再度訪れてみたいですね。

・サッパ料理

帰宅後クーラーのサッパを捌こうとザルに開けて数えてみると63匹。

釣るのは楽しいけど、捌くのが大変。
まぁ先回の200匹よりはずいぶん楽ですがそれでも1時間は掛かります…

南蛮漬け用
ままかり用

結局、鯖のホイル焼きにはありつけませんでしたが、日焼けで火照り疲れ果てた体に南蛮漬けは最高の肴でした。

勿論、うまいビールと一緒にいただきました~

タイトルとURLをコピーしました