『自作』サーバー用ベアボーン

★これで十分です★

自宅にサーバーマシンを構築しようと探していたところこんな良いものを
見つけました。
DN2820FYKH
インテル製のベアボーン(パソコンの骨格のみ)です。
最近はやりのスティックPCでも良いと思いますが、クラウドの用途もあり
ディスクの容量もそれなりに必要でしたのでこちらを選択しました。
 
外箱はこんな感じ。
 中身はこんな感じ。
端子はこんな感じ。
イザ組立て…(組立順)

電源ON、さてBIOSを… … …
勝手に進んで”ブートできるディスクが無い”とのメッセージ。
当然だ。
当機はコンパクトな故DVDドライブは搭載されていませんので
当方ではUSBフラッシュメモリーにからOSを入れる予定で用意はして
あるのですが先にBIOSの設定を済ませてからとまだ差してはいません。
ふつーは最初の電源投入時に勝手にBIOSに行くでしょ~…
何度やっても同じでしたのでネットでBIOSへの入り方を調べると
この機種は電源ONと同時にF2キーでBIOS画面に入れるとの情報。
早速やってみますが”スルー”されて同じ画面で止まります。
ならば、フラッシュメモリーを差して電源投入…
おお~っ、インストールが始まりました。
一通りセットアップが終わり再起動すると、今度は熱暴走のメッセージ。
何度やっても同じで、単純にメモリーとHDDを付けただけなのですが
何度か付け直しするも変化なし。
初期不良と判断しショップで処理を依頼します。
しばしおあずけ…
その間にざっくりと「DN2820FYKH」ついてお勉強すると初期BIOSは
最新のものに書き換えた方が良いとの情報を発見。
書き換えは電源投入後F7でBIOS書き換えメニューに入れるとの情報も
入手。
初期不良で代替えとなって返ってきた「DN2820FYKH」に同じパーツを
組込み最初の電源投入でF7…首尾よくBIOS更新画面に突入し更新!
再起動後にF2でBIOS画面にめでたくたどり着くことができました!!
この機種をお求めの方、最初にF7でBIOSの更新を強くお薦めします。
by heart
タイトルとURLをコピーしました