『VPNサーバー構築』に深い罠があった件(1)

server

簡単で難しく奥が深いVPN

うちの会社、名古屋に本社があり、その他拠点が複数あるのですがCAD図面を扱う仕事柄データーのやり取りが多いので以前からVPNを構築しファイルの共有を行ってきました。
ずっと使ってきたVPNは無償でオープンソースの「SoftEther VPN
でも、先日セキュリティーのためUTMを導入したらこれがうまく動作しなくなって右往左往…
いまだ解決していないのですが、UTMまで導入して管理しているシステム上、「無償でオープンソース」ってどうかな~と言う話になり、ならば物理的にVPNサーバー機能の付いたルーターに交換することを提案。
で、実際にバッファローの「WXR-1900DHP3」を導入し予備回線にて実験に入りました。

しかししかし、初めての構築にわからないことばかり…
Google先生を頼りに色々調べながら複数台のマシンを使ってあれこれ試しながら徐々に理解しつつ進めました。

ルーターの設置

まずはルーターを設置。
設置する際に気を付けることは、各拠点のローカルIPグループと同じIPグループにはしないこと。
VPNの最大目的はファイル共有なので運用後はショートカットを通じて共有したいのでIPは固定にしたい。
とすると、IPの重複は問題になりそうです。
なので、各拠点で使っていないローカルIPグループとするため今回は
「192.168.2.1」をルーターのアドレスとし、クライアントはその後ろへ固定します。
因みに本社は「192.168.0.*」
拠点1は「192.168.11.*」
拠点2は「192.168.1.*」となっています。

VPNサーバーの設定

ルーターの設置が完了したらVPNサーバーの設定を行います。
プロトコルは将来iOSからの接続も想定し「L2TP/IPsec」を選択。

実験用には1台のデスクトップとノートPCを用意。
まずはルーターの設定画面でVPNサーバーを導入するよう設定しユーザーを作成してみました。

次に1台目はデスクトップを使い新しい接続の作成を行い、まずは一旦ルーターのグローバルアドレスをホストにして接続・・・
暫くしてログイン完了。
意外とあっさり行くものです。
では、もう一台のノートPCはルーター設定のためwifiで直接接続中なのでデスクトップへ向けてpingを飛ばしてみる。。。
アレ?通らない (^-^;
VPNへは接続中になっているのを再度確認し、間違い無く繋がっているのを再確認してもう一度pingを飛ばす。。。通らない (# ゚Д゚)
原因をGoogle先生に委ねてみても、コレと言った事は見つかりません。
何度か電源を入れなおしてもダメ。
それほど難しい設定があるわけでもないので試すことも少なく、すぐにお手上げ状態。
そうそう暇でもない私。
そのまま放置して数日仕事を片付けます。

IPは固定しましょう

次に時間ができた数日後、頭をリフレッシュして再度チャレンジ。
まずは、IPアドレス。
はDHCPでルーター側から自動で振分けるように設定してましたが、実際の運用は固定IPとするのでルーターのVPNユーザー設定でIPを割振ってみる。

この状態で早速ノートPCへpingを。。。
通った! 通りました!
なんだ、IPを固定してなかったからいけなかったんだ。

教訓:VPNはIPを固定すること。

共有が見えるか?!

じゃ、実際に共有ファイルが見えるかどうかやってみます。
エクスプローラーを起動しいつも通りアドレスバーに「¥¥PC名称」と打ち込んでENTER。。。繋がらんやん。
また問題かぁ・・・(´・ω・`)
Google先生ぇー!「ping通るけど繋がらない」でお願いします。
ポチるも明確な答えは見つからず…ダメだこりゃーで、ちょっと最近お付き合いのあるシステムに詳しい方にお問合せ。
原因は単純でした「VPNは名前で検索できません、IPで検索してください」と言うこと。
早速エクスプローラーのアドレスバーに「¥¥192.168.2.*」という具合にIPを入れてやるとあっさり見つかりました!

教訓:VPNはマシンの名前ではなくIPで探す。

実機にて

では、実機にて接続してみる。
ルーターでIPを固定しユーザーを作り接続。。。繋がりました。
次にpingを飛ばすと。。。まさかの「通らない!」
まぁーいい加減に奥が深いでしょ・・・
無い頭を絞って考えてみる…
そういえば、実機には既存VPNの「SoftEther VPN 」のクライアントアプリが常駐して接続しています。
まさか・・・
ポチっと切断。
pingを飛ばす。
繋がった!
深い、深い、

教訓:不要な接続は切る。

文字ばっかで画像が少なくて読むのがイヤになるよね。
申し訳ありません。まだまだ、他にも深い罠が隠れていますので引続き(2)へと続きます。
タイトルとURLをコピーしました