『知っトク』フォルダ内のファイル操作されたらメール通知する件

PC

シームレスサーバーを目指して!

サーバーを管理していると色んな事がやりたくなるわけでして(^^ゞ
うちの事務所は図面を作成するのでファイルのやり取りが客先や現場を対象に
頻繁に行われます。ファイルは建築物の性格上機密情報も含まれるのでその管理はかなり神経を使います。
勿論、メールなどでは受送信不可能な容量もあるので宅ファイルなども利用するわけですが、物件が大きいとデーターの量も膨大となる上、ファイルの数量も千単位となります。
宅ファイルでの良いのですが、それは互いに一方的な送り付けとなりファイルを管理するという上ではあまり有効な手段とは言えません。

なのでうちの事務所では社内に設置したサーバーをに外部に公開できるエリアをクライアントである現場や取引先単位で割当ててファイルの管理を行うシステムを構築してあります♪
このエリアは社内LANからも参照可能とし、外部からはインターネットで内部からはイントラネットでアクセスするものとしています。

このファイル管理システム構築に於いて最重要だったのはファイルセキュリティーに関して。
外部からのアクセスに関してはルーターでのファイアーウォールとUTMと呼ばれる統合脅威管理機器を使って厳格に管理しサーバー側ではSSLを使った通信データーの暗号化を行ったので体制は万全です(*^^)v
内部からは各担当スタッフに管理が委ねられるので社員教育も重要なポイントでした(;^ω^)

次に重要なのは、シームレスな管理!
クライアントからインターネットを介してアクセスがありファイル操作を行った場合にどうやってその操作を各スタッフに知らしめるか。
クライアントも様々おり、ファイルを更新したらメールでお知らせしてくださる方も居れば置きっぱなしで知らーん顔の方もいらっしゃるわけで…
客先に必ずメールなどで連絡をと言うのもちょっとね…(;^ω^)
そうなるとシームレス管理は不可能と言う事になってしまうので、新しい図面や更新図が保存されたかを何らかの方法でスタッフに通知させる手段が必要。

で、どうしたかと言う話が今日の主眼です♪
私が使ったのは”フォルダー監視人”というアプリケーション。
このアプリは特定のフォルダー内のファイルを監視しファイルの追加削除やサイズを完治したら指定したアドレスにメールを送信すると言うもの!

シェアソフトながら(2,538円)フォルダーは複数指定できる上メールの送信先も複数指定が可能。
FTPに対応なのもサーバー管理者にはありがたい機能です(^^♪

コイツを導入したことでファイルやフォルダが追加更新される度にスタッフにメールが届くようになったのでシームレス管理が完成しました。

ご覧いただいている方でサーバー管理なさってる方は皆無かも知れませんがタグ付からキーワード検索でいらっしゃった方はお困りでしょうからご参考になればと思います(#^^#)

タイトルとURLをコピーしました